腰部脊柱管狭窄症

  • 長時間立ちつづけるとシビレが出てくる
  • 歩き続けるとシビレが出て、休憩すると治まる
  • 腰の重だるさがとれない
  • シビレがひどくて長い時間歩けない
  • 手術しないと治らないと言われた

腰部脊柱管狭窄症とは?

腰部脊柱管狭窄症は

腰の部分の椎骨の脊柱管が狭くなり

その中を通る神経が圧迫されて

腰痛だけでなく下半身のしびれや痛みなどが起こる病気です。

腰部脊柱管狭窄症では長い距離を続けて歩くことができないというのが症状です。

もっとも特徴的な症状は

間欠性跛行という症状が特徴です。

間欠性跛行とは

歩くこと休むことを繰り返し行わないと

長時間歩くことができない症状を言います。  

腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく

安静時にはほとんど症状はありませんが

背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると

ふとももや脚にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。

しかし、すこし前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。

原因は、加齢によって椎骨が変形したり、脊柱管の後ろ側にあるじん帯が厚くなったりすることです。

早い人では40代後半から発症し

年をとるにつれて発症頻度が高くなります

           

腰部脊柱管狭窄症で必ず現れる症状が

脚のしびれや痛み

太ももからふくらはぎやすねにかけて起こります。

腰痛は必ず起こるわけではありません。

脊柱管狭窄症になってしまうのは

ほとんどの場合1つだけの原因で起こることは少なく

いくつかの原因が重なり、脊柱管狭窄症の症状を引き起こします。

 

脊柱管狭窄症の症状を改善させるためには

根本的な改善を行い症状の原因からの施術を行っていきます。

痛みの症状が2度と起きない身体づくりを患者様と一緒に作り上げていきます。

 

腰部脊柱管狭窄症の原因と病態のまとめ

加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と背骨や椎間関節から突出した骨などにより神経が圧迫されることが原因です。

脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルで年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くなって、それによって神経が圧迫を受け神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多い症状です。

また背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、前に曲げると広がるので、間歇性跛行が起こります。

脊柱管狭窄症の施術方法

脊柱管狭窄症になってしまう原因は様々ありますが

体の痛みを引き起す大きな原因は

長年の不良姿勢と負担にあると考えます。

そのため

『背骨の歪み』を正すことがまずは有効です。

それによって

腰や背骨にかかる負担を軽減させます。

→骨盤矯正プログラム

 

ハイボルトやプロテクノエグゼなどの電気施術もおススメです!!

→特別電気施術についてはこちら

 

 

腰部脊柱管狭窄症の予防と施術

日常生活で姿勢を正しく保つことが重要です。

神経の圧迫は腰をまっすぐに伸ばして立つと強くなり

前かがみになるとやわらぎます。

歩く時には杖をついたり

シルバーカーを押して腰を少しかがめるようにすると楽に歩けます。

また、自転車も痛みが起こりにくいのでよい運動になります。

ご提案する目安料金・施術時間

目安時間は40分です。はじめての場合はじっくりお話をお聞き致しますので60分ほどお時間をいただいております。

土曜・日曜・祝日も営業しております!

→目安料金はこちら 

 

患者様の声 | 名古屋市腰痛治療.com

  • 腰部脊柱管狭窄症による足の痛みとシビレ

    2年間、苦しんできた脊柱管狭窄症(臀部から太ももに掛けての痛み足のしびれ)の症状が、めいほく接骨院さんを受診したところ、2回目の治療辺りから和らぎ楽になってきました。
    本当に早く来ればよかったと思いました。
    岐阜県から名古屋市と通院距離はありますが、それだけの価値はありました。
    特別な専門電気で施術をしていただくのが、毎回気持ち良くて帰る時にはうれしい気持ちになります。

    今では女房共々お世話になっております。
    本当にありがとうございます。

    これからも定期的に通院させていただきますので、宜しくお願い致します。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。