腰部脊柱管狭窄症

  • 長時間立ちつづけるとシビレが出てくる
  • 歩き続けるとシビレが出て、休憩すると治まる
  • 腰の重だるさがとれない
  • シビレがひどくて長い時間歩けない
  • 手術しないと治らないと言われた

腰部脊柱管狭窄症とは?

腰部脊柱管狭窄症は

腰の部分の椎骨の脊柱管が狭くなり

その中を通る神経が圧迫されて

腰痛だけでなく下半身のしびれや痛みなどが起こる病気です。

原因は、加齢によって椎骨が変形したり、脊柱管の後ろ側にあるじん帯が厚くなったりすることです。

早い人では40代後半から発症し

年をとるにつれて発症頻度が高くなります

脊柱管狭窄症の特徴で間欠性跛行という症状が特徴です。

間欠性跛行とは

歩くこと休むことを繰り返し行わないと

長時間歩くことができない症状を言います。           

腰部脊柱管狭窄症で必ず現れる症状が

脚のしびれや痛み

太ももからふくらはぎやすねにかけて起こります。

腰痛は必ず起こるわけではありません。

脊柱管狭窄症になってしまうのは

ほとんどの場合1つだけの原因で起こることは少なく

いくつかの原因が重なり、脊柱管狭窄症の症状を引き起こします。

名古屋市腰痛改善.comでは

脊柱管狭窄症の症状を改善させるためには

根本的な改善を行い症状の原因からの施術を行っていきます。

痛みの症状が2度と起きない身体づくりを患者様と一緒に作り上げていきます。

 

 

脊柱管狭窄症の施術方法

脊柱管狭窄症になってしまう原因は様々ありますが

体の痛みを引き起す大きな原因は

長年の不良姿勢と負担にあると考えます。

そのため

『背骨の歪み』を正すことがまずは有効です。

それによって

腰や背骨にかかる負担を軽減させます。

→骨盤矯正プログラム

 

 

ハイボルトやプロテクノエグゼなどの電気施術もおススメです!!

→特別電気施術についてはこちら

 

ご提案する目安料金・施術時間

目安時間は40分です。はじめての場合はじっくりお話をお聞き致しますので60分ほどお時間をいただいております。

日曜・土曜日も営業!

→目安料金はこちら 

症例 | 名古屋市腰痛治療.com

  • 名古屋市東区矢田 50代女性 腰の痛みと足にかけてのシビレ(脊柱管狭窄症)

    おしりから太ももにかけてのしびれがひどいとのことで来院されました。

    長時間の歩行や起立がきついとのことだったので、SPT骨格バランス調整法とプロテクノエグゼの電気療法を行いました。
    骨盤の歪みと筋肉の張りを緩ませることで徐々に痛みとシビレが改善されました。

    現在もメンテナンスとして定期的に通って頂いています。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。