ギックリ腰

  • 急に痛みがグキッと出て起き上がれない
  • 定期的にギックリ腰を繰り返している
  • 腰痛を根本的に改善したい
  • いつギックリ腰が起きるか不安
  • 常に腰の痛みに気を配っている

ギックリ腰の主な原因は?

ギックリ腰(急性腰痛症)とはどんな状態をいうの?

腰椎は(腰骨)は5個の骨で構成されていますが、それを支えている椎間板や筋肉、靭帯などに部分的な損傷が起こることによって強い痛みが生じると考えられています。

ほとんどの場合1ヶ月以内に症状が落ち着きますが、ギックリ腰(急性腰痛)を繰り返していると椎間板ヘルニアを合併したり慢性腰痛へと移行する可能性があるため、正しい対処の仕方が大切です。

 

どういった時に起きるの?起こしやすい年齢は?

顔を洗おうとして体を曲げた時、靴下を履こうとしてうつむいた時、中腰で荷物を持ち上げた時、あるいは何気なく振り返ったときなどのちょっとした動作で生じます。

めいほく接骨院の患者様の中でもほとんどが上記のような発生機序となります。

20歳以下で生じることはほとんどありません。

なぜかというと身体がまだ柔らかく柔軟性があるからと言われています。

椎間板や関節などに加齢現象が始まってくる30歳以降の方や過去に急性腰痛を経験された方は特に注意が必要です。

 

起きてしまった時はどう対処すればいいの?

無理せず安静にすることです。横向きになって膝・股関節を曲げてエビのような状態で休むのが良いです。

痛み止めなどがあれば服用するのも効果的です。痛みを我慢して無理に動き続けたりしてしまうと痛みが増悪することがあります。

安静は大事ですが、4日以上の長すぎる安静は回復を遅らせるとも言われています。個人差はありますが、ある程度痛みが引いたら安静を続けるよりは適度に動くと回復が早くなると言われています。

少しでも動けれるようになったら、めいほく接骨院へ受診してくださいね。

施術をするとかなり楽になりますから

コルセットも処方できますよ!

 

ギックリ腰になる原因は主に

1.筋肉に持続的に負担が掛かる

2.急激な負荷が腰に掛かる

 

ギックリ腰は

重たいものを持つと痛みの症状が出ると思われがちですが

実は重たいものを持ってギックリ腰になるケースは

ギックリ腰の中でも極めて少なく

普段と変わらない日常を過ごしている中で

ギックリ腰になるケースの方が多いのです。

 

例えば・・・

「クシャミをした瞬間」

意外と多いのがこのクシャミでギックリ腰になる人です。

くしゃみをした瞬間

体には大きな負荷がかかります。

これは

上半身と下半身の急激な動きが

関節に瞬間的な回転力を生み関節や筋肉を痛めてしまうほどなのです。

 

「椅子から立ち上がろうとした時」

長時間同じ姿勢を取った後の動き始めに

ギックリ腰になることも多くあります。

長時間デスクワークをした後に腰に痛みが出たり

腰を伸ばしづらかったことがあると思います。

同じ姿勢を取り続けると体が固まり

関節のスムーズな動きを妨げます。

この時

不意に急な動きをするとギックリ腰になる場合があります。

以上のように、ギックリ腰の原因は様々です。

原因を理解すれば再発を防ぎやすいです。

自分の体と向き合いケアをしてしっかりしていきましょう!

 

名古屋市腰痛施術.comでは、慢性腰痛や腰椎椎間板ヘルニア以外にも急に腰が痛くなってしまったギックリ腰も根本的な施術を行い痛みの症状が2度と起きない身体づくりを患者様と一緒に作り上げていきます。

 ギックリ腰の施術方法

ギックリ腰になってしまう原因は様々ありますが

体の痛みを引き起す大きな原因は『骨盤の歪み』が考えられます。

骨盤に歪みがあるとカラダ全体のバランスが崩れ

腰の筋肉に負担がかかってしまい固くなっていきます。

筋肉は固くなると

強い力が加わった時に痛みが出やすくなります。

そして、なんらかの形で力が加わった際にぎっくり腰となって痛みが誘発されるのです。

 

 

ギックリ腰の施術法は

インナーマッスル骨盤矯正で根本から身体の調子を整えていきます。

骨盤矯正は

骨盤矯正プログラムという手技を用いて

ボキボキしない優しい骨盤矯正で骨盤から背骨を整えていきます。

そうすることで嫌な腰の痛みは軽減し、根本的に体を良い状態にしていきます!

→骨盤矯正プログラム

 

※上の写真は、トムソンベットと言われる骨盤矯正専門のベットです。このベットを使用することによってしっかりと痛くなく骨盤の矯正ができます。

 

【特別な電気施術器をご紹介】

ギックリ腰には

ハイボルト施術やプロテクノエグゼがおススメです!!

→特別な電気施術

 

※患者様の声です(患者さまに許可をいただき掲載させていただいております)

目安料金・施術時間

初めての場合はじっくりお話をお聞き致しますので60分ほどお時間をいただいております。

→目安料金はこちら 

※土曜・日曜・祝日も営業しております

 

患者様からのご質問

Q:予防法はありますか?

ほとんどが予防可能です。

普段から腰をかばうという意識が重要になります。

寝るときには、少し硬めのベッドや布団が良いでしょう。                上を向いて寝るときは膝を軽く曲げ、その下にまくらなどを入れて腰椎の反り返しを防ぎます。

おススメは、横向きで膝を軽く曲げて寝る姿勢です。とても楽だと思います。

うつ伏せで寝るのはお勧めしません。

起き上がる際にはまず横向きになり、次いで手をついて起き上がるようにします。

腰を掛ける際には、硬めの背もたれ付き、肘付きの椅子が良いでしょう。

深く腰掛け背中を密着させます。座面の高さは股関節と膝が無理なく曲げられる程度で、長時間の座位は避けましょう。

立ち上がる際には、ひじ掛けに手をついて両手足を体で押すように立ち上がると良いでしょう。                                      

床から物を持ち上げる際には、まず膝を十分に曲げて荷物を体近くに持ち、立ち上がりましょう。

背骨を支える筋肉が弱くなると腰への負担は大きくなります。

日頃から腰痛体操などで筋肉・靭帯・関節などの柔軟性を保ち、腹筋・背筋をバランスよく強化し、背骨をしっかりしっかりサポートしておくことが大切です。

 

患者様の声 | 名古屋市腰痛治療.com

  • ギックリ腰(急性腰痛症)の痛み

    朝、起きようとしたら腰が痛くてすぐには起き上がれないほどでした。何とか会社に出社しましたが、痛くて途中でめいほく接骨院へ伺いました。会社の上司がホームページで調べてくれたようです。前日にケースで入ったボトルを何回か持ち上げて車に乗せる作業をしたのが原因と思われます。電気の施術と優しいマッサージで少しづつ回復してきました。その後1週間ほどで症状が良くなり今は体のメンテナンスのために通っています。めいほく接骨院さんでは、腰痛予防もしてくれて安心ですよ!

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。