腰椎分離すべり症

  • 腰を捻じると痛みが強くなる
  • 腰を反らせると痛みが強くなる
  • 学生時代は運動に力を入れていた
  • 腰の痛みだけでなく、足がしびれる
  • だんだんと腰が痛くなってきた

腰椎分離すべり症とは?

腰椎分離症は、腰の回旋などを行うことで腰椎の後方部分に負担がかかり疲労骨折を起こして椎体と椎弓が離れた状態を言います。

分離症は10代で起こることが多いですが、症状が進行していくと前方へ椎体がずれるようになります。

これを腰椎分離すべり症と言います。

「ケガ」のように一回の外力で起こるわけでなく繰り返し外力がかかることで起こります。

多くは中学生頃に過度なスポーツの練習などをしたりすることによって起こることが多いです。

また、一般の方では5%程度に分離症の方がいらっしゃいますが、スポーツ選手では30~40%の方が分離症になっていると言われております。

 

(参考文献)公益社団法人 日本整形外科学会 腰椎分離症・分離すべり症

 

腰椎分離すべり症の症状

腰椎分離すべり症の主な症状は腰痛・臀部や大腿部の痛みです。

特に腰椎を後ろにそらしたときに痛みが強くなります。

また、成人になると腰痛だけでなく神経の痛みやシビレといった症状も出現することがあります。

腰椎分離すべり症の施術方法

腰椎分離症があっても日常生活に障害なく生活できる場合が多くみられます。腰部周りの筋肉の筋力強化をすることで一般的な腰痛予防を心がけます。

しかし腰椎分離すべり症は姿勢不良や周辺筋肉の筋緊張などによって症状悪化が見られることがあります。

めいほく接骨院では体全体の歪み改善と筋緊張を取り除く手技療法で症状を回復させていきます。

また背骨がずれないように支える筋肉(インナーマッスル)を鍛える楽トレという機器を使うことで症状の再発予防を行っていきます。

神経根圧迫による下肢の痛みなどで日常生活に支障が生じる場合は、神経の圧迫を除去する手術が必要になることもあります。

そのため、痛みがではじめたら早めの受診をおススメします。

 

→骨盤矯正プログラム

→特別な電気施術

目安料金・施術時間

目安時間は40分です。はじめての場合はじっくりお話をお聞き致しますので60分ほどお時間をいただいております。

土曜・日曜・祝日も営業しております!

→目安料金はこちら