腸腰筋によって引き起こされる腰痛について

2018年06月1日

こんにちは!

名古屋市東区大幸・北区上飯田から沢山の患者様が来院いただいております名古屋市腰痛治療.comです!

今回は腸腰筋が原因で起こる腰痛について紹介していきます!

腸腰筋は股関節前面の深層部に位置する筋肉で、インナーマッスルと呼ばれる筋肉の一つです。

この筋肉は股関節を曲げる際に使う筋肉として、走行時に脚を前方に踏み出したり、腹筋運動のように脚を固定した状態から上半身を起こしたりする動作で使われます。

また、腸腰筋は腰を安定させる上でもとても重要な役割を果たしています。 腹筋が弱かったり、上手に使えない人は、腸腰筋に力が入るため腰が痛くなります。

腸腰筋が弱くなると、その影響が姿勢に現れてくる事があります。あごが前に突き出して背中上部が丸まった所謂猫背の状態になったり、本来自然にある背骨のS字カーブが減弱して、背骨が真っすぐになった状態が見られる場合は要注意です。

このような姿勢が続くと腰痛の原因に繋がります。

また、骨盤内にある腸腰筋を鍛えていない人が、無理に腹筋運動をした場合も腰痛を起こすことになります。
他にも腸腰筋が硬いと骨盤に影響を与えたり、腰の可動域が制限されて腰に不快感や痛みを引き起こしたりする可能性があります。

腸腰筋の鍛え方は沢山ありますがウォーキングでも鍛えることができるので、運動不足と感じている方はウォーキングを始めることをオススメします!

腰痛以外でもお体に悩みがあれば是非、当院まで!