腰痛に用いる治療法について

2018年06月29日

こんにちは!

名古屋市東区大幸・北区上飯田から沢山の患者様にご来院いただいております名古屋市腰痛治療.comです!

雨、風強い天気ですね…

風邪や転倒によるケガなどないように、体調管理には気を付けましょう!!

今回は腰痛に効果のある治療法について紹介していきます!

治療法には『温熱療法』『寒冷療法』『電気治療』など様々あります!

今回はその3つについて書いていきます!

[温熱療法]

ホットパックや赤外線などを当てて体の内側から温める治療法です。

温めることによって身体中の血流を促進させ、筋肉の柔軟性を高める効果があります。

温湿布や鍼灸をすえて温めるのも温熱療法のひとつです。

[寒冷療法]

アイスパックなどで患部を冷やし、炎症を抑える治療法です

 患部が熱を持ち、炎症や腫れを抑える時に用います。

温熱療法と異なり、血流を滞らせるので腰痛には向かない場合もあります。

[電気治療]

電気機器を使った治療法を電気療法と言います。

電気による刺激や振動を利用して筋肉をほぐす効果があります!

当院のプロテクノエグゼやソーマダインもこれらに分類されます!

腰痛以外にもお体に悩みがあれば是非、当院まで!!

ご予約はお電話で!

東区本院 052-711-1459

北区上飯田 052-991-7751