腰痛に有効なスクワット

2018年05月23日

こんにちは!

名古屋市東区大幸・北区上飯田から沢山の患者様が来院いただいております、交通事故による腰痛治療も得意な名古屋市腰痛治療.comです!

 

今日はあいにくのお天気ですね。天気にも負けず楽しみましょう!(^^)!

 

 

本日はお尻・太ももの後ろの筋肉のトレーニングである、スクワットについて書いていきます。

お尻の筋肉が腰痛に関係してくるのはなんとなくイメージ出来るとは思いますが、

なぜ太ももの後ろの筋肉が腰痛に関係あるのかと言いますと、脚から骨盤まで繋がっているからです。骨盤まで繋がっているので、筋肉が硬くなると骨盤を引っ張てしまいズレて痛みが生じてしまいます。

ですので、それらの筋肉を鍛えることによって腰痛は未然に防ぐことが可能になります!!

 

ではここからお尻と太ももの後ろに効果のあるスクワットをご紹介します!

①足を肩幅より少し広めに開いてつま先をまっすぐ前に向けて立ちます。

②膝から下を動かさないようにお尻を後ろに引いて膝を90度未満で曲げます。

これを繰り返すと太ももの後ろの筋肉が結構疲れてきますよ(+_+)

注意点としては、膝から下を動かすと太ももの前の筋肉が働いてしまいますので、どこの筋肉を鍛えたいかによって変えましょう!

もし出来ている自信がない場合は、曲げたときに太ももの後ろの筋肉を触って力が入っているかを確認するとよいでしょう。

 

こういったトレーニングなどをすることによってより健康になりましょう^^

 

もし腰痛や身体の痛みなど悩んでいらっしゃるかたはお気軽に当院へご相談ください^^

予約制になっておりますのでご予約はお電話で!

東区本院 052-711-1459

北区上飯田 052-991-7751