腰痛になりやすい寝方について

2018年06月5日

こんにちは!

名古屋市東区大幸・北区上飯田から沢山の患者様が来院いただいております名古屋市腰痛治療.comです!

今回は腰痛と寝相

腰痛で悩んでいる方の中でうつ伏せに寝ている方はいませんか?

腰が痛むのでうつ伏せで寝る方が楽と感じる方も多くいるかもしれませんが、この体勢は腰に負担がかかりやすいのであまりオススメできません。

腰に負担をかけない姿勢は、うつ伏せではなく仰向けです!

腰痛の方はうつ伏せで寝るほうが楽と感じるかもしれませんが、それは腰骨や骨盤などが歪み、仰向けに寝ると姿勢が安定しないからです。

うつ伏せに寝ると、腰に負担がかかって体が歪むだけでなく、首への負担も大きくなります。

首への負担が長時間続くと首から背中、腰までの筋肉が固くなりさらに腰痛を悪化させてしまいます。

寝る姿勢だけでなく、枕やマットなどの寝具が体に合っていないことが原因の場合もあります。

枕の位置が高すぎたり低すぎたりすると首に負担がかかります。

その結果として背中や腰の筋肉まで緊張して腰痛の原因になることがあります。

柔らかいマットの場合も体が重みでマットに沈んでしまい、自然な寝返りを打つことができず筋肉を緊張させてしまいます。

寝返りには睡眠中に筋肉の疲れをとるという重要な役割があります。

寝具があっていないと思ったら見直すのも腰痛の改善につながります!

腰痛以外にも身体に悩みがあれば是非、当院まで!