片側に起こる腰痛について

2018年05月29日

こんにちは!

名古屋市東区大幸・北区上飯田から沢山の患者様が来院いただいております名古屋市腰痛治療.comです!

今回は片側に起こる腰痛について説明していきます。

片側だけの腰痛が起こってしまう原因の一つは、いつも同じ側ばかりを痛めてしまうような日常生活の送り方です。

例えば、仕事でいつも片側ばかり向くような1日の大半を偏った動作で占めていたりすると片方の筋肉に負担がかかり、痛みが出てしまいます。

また、骨格自体がすでに同じ側ばかり痛くなるように歪んでいるても腰痛の原因になります。

腰が右に傾いている人は、左の筋肉が常に引き伸ばされています。筋肉が伸ばされると中にある血管も同じように引き伸ばされ血流が悪くなるため、気が付けばいつも左側に張りや痛みを感じるようになります。

反対に収縮している右の筋肉は倒れてくる上半身の重さで血流が悪くなり、右側の腰にも腰痛の症状がでてきたりします。

片側の筋肉が押しつぶされて収縮している状態が長期にわたって続くと、やがてその状態で硬くなってしまいます。そうすると何かの拍子に軽く引き伸ばされただけでも筋損傷が起こりやすくなります。

当院ではSPT骨格バランス調整法という治療法を用いて身体の歪みや痛みを解消致します!

是非、ご連絡ください!