急に腰が・・「ぎっくり腰、急性腰痛」について

2018年04月12日

皆さんこんにちは(*^^*)

名古屋市東区大幸・北区上飯田からたくさんの患者様が来院いただいております、

腰痛治療.comです!!

今日は、【ぎっくり腰・急性腰痛】についてです!!

[病理・病態]

腰痛は人類のもっとも普遍的な疾患の一つです。

人類の半分は一生のうちにひどい腰痛を経験するといわれています。

労働者は職業病として腰痛になりやすく、腰痛の予防管理は社会経済の面からも重大な問題です。

ぎっくり腰の原因の一つとしていわれているのが「老化」です。

老化によって筋力が低下し、腰椎を支える力(腹筋や背筋)が衰えてくるとぎっくり腰の原因をつくってしまうまけです。

ぎっくり腰はこしをひねったり、そったりすることで発症することもあればくしゃみをしただけでなってしまうこともあります。

ぎっくり腰を引き起こす直接的な原因としては無理な運動をしたために椎間靭帯が損傷する、椎間板が何かしらの原因で損傷する、筋肉・筋膜の損傷といったことが考えられます。

急性腰痛症(ぎっくり腰)の症状!

・朝、体を起こそうと動かすと腰に強い痛みを感じる
・横になっていると比較的痛みは少ないが、寝返りをすると痛みが強くなる
・上半身を起こせない、または背すじを伸ばしたまま動けない
・一度イスに座ると、痛みのため立ち上がるのに時間がかかる
・咳やくしゃみが腰にひびいて痛む
・痛みのため歩くことができない
・痛みを和らげようとする姿勢になり、姿勢が歪んでしまう

 

当院にはこのような症状に効く低周波や電気刺激をあまり感じない微弱電流

神経筋電気刺激」による神経筋を活性化させるプロテクノEXEなど様々な医療機器を用い、

さらに手技療法(マッサージ)、骨盤矯正などを組み合わせて治療していきます!!

ともに健康で元気な体を取り戻しましょう!!

腰痛でお困りの方、一度腰痛.comへお越しください!

ご来院お待ちしております。

top