ぎっくり腰による腰痛について

2018年06月19日

こんにちは!

 

名古屋市東区大幸・北区上飯田から沢山の患者様が来院いただいております名古屋市腰痛治療.comです!

 

梅雨の季節がやってきました。

 

出かける時は傘などお忘れなく!!

今回はぎっくり腰による腰痛について書いていきます!!

 

皆さんは「重い物を持った瞬間、突然腰に激痛が走り動けなくなった!」という経験はありませんか?

 

そんなぎっくり腰、正式には急性腰痛と言います。

 

その激しい痛みから海外では「魔女の一撃」なんて呼ばれたりもします。

基本的には1週間~2週間程で自然に回復していきます。

 

しかし、日にちが経過しても改善されなかったり、下半身に痛みやしびれなどの症状が出現した場合は椎間板ヘルニアの可能性も出てくるので注意が必要です!

 

誰でも一度は耳にしたことがあるくらい有名なぎっくり腰ですが、原因は未だにはっきりしていません。

 

発症する原因も様々なため、日常的に物を持ち上げる時の姿勢に気を付けたり、十分な筋力や筋肉の柔軟性を保つなどの対策を講じることも重要です。

 

物を持ち上げる時は腰を曲げて持ち上げるのではなく、膝を曲げて腰を落として拾うようにしましょう。

 

腰痛以外にも、お身体の悩みなどがあれば是非当院まで!!

ご予約はお電話で!

東区本院 052-711-1459

北区上飯田 052-991-7751